水澗 航(Wataru Mizuma)

第7回「ファンの心をつかむPR戦略」

水澗 航(Wataru Mizuma)

ENKEL、STUDIO FABWORK 主宰

ブランドプレスを経験後、独立。2012年に「Porta」を設立、その後2014年にはPR会社「STUDIO FABWORK」、2019年にはショールーム「ENKEL」を設立。その実績とブランド広報の幅を広げながら活躍中。『RIVORA』、『Y.O.N.』、『NULABEL (Tokyo新人デザイナーファッション大賞受賞)』、『YOKE(TOKYO FASHION AWARD受賞)』、『Children of the discordance (TOKYO FASHION AWARD受賞)』、『doublet(両アワード受賞)』などを中心に約30のブランドをクライアントに持ち、ブランディングと認知度向上のためのPR戦略、メディア選定、編集企画などを行う。
ショップの店長、営業、MD、ブランディングに携わった経験もあり、クライアントの現場の背景などを正確に理解しながら、的確にきめ細かな対応ができる。パリでのショーでは、ジャーナリスト、バイヤーなどの関係者を的確にアテンドする役割も担うなど、デザイナーからの信頼も厚い。

TOP